​1945ひろしまタイムライン〜もし75年前にSNSがあったら〜

 

無色透明メンバーの岩﨑と坂田がサポートメンバーとして携わっている企画です。実存する75年前の日記を「ツイート」する創作を11人のプロジェクトメンバーで行うにあたり、柳沼昭徳氏(烏丸ストロークロック)監修のもと、演劇(新平和)の手法を取り入れている新たなクリエーション。

Twitterのフォローもぜひ、よろしくおねがいします。

また、この企画がNHKのラウンドちゅうごくで放送されます。ぜひ、お見逃しなく!

○本放送○

・4月3日(金)19:30~19:55 NHK総合・中国ブロック

○再放送○

・4月4日(土) 7:30~ 7:55 NHK総合・中国ブロック

4月9日(木)15:08~15:33 NHK総合・全国放送 ※常時同時配信

 ↑ コロナウィルスの影響で首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)近畿(2府4県)での放送が見送られました。

・4月25日(土) 0:00~ 0:25 BS1・全国放送

 

ゲストは、広島育ちのモーリー・ロバートソン、沖縄生まれのりゅうちぇる、SNSの寵児ぺぇという異色の3人。

MCを、広島局4度目の赴任の出山アナウンサーが務めます。

登場人物の声のアテレコに岩﨑きえと澤雅展(烏丸ストロークロックアクターズラボ演技育成科講師)が参加しております。

 

1945ひろしまタイムラインとは・・・

日本が戦争をしていた1945(昭和20)年にもしSNSがあったらどんなことをつぶやいていたのか? 1945年の広島で書かれた3人の市民の日記を手がかりに2020年の広島で暮らすメンバーが当時の生活をじっくり想像し、3人の日々のあれこれを自分たちの言葉でつぶやきます。

1945年の日記の日付に合わせて3つのアカウントで毎日配信。「#ひろしまタイムライン」で検索して75年前の広島の人たちが過ごした1年をちょっとのぞいてみませんか?

1945ひろしまタイムラインHP https://www.nhk.or.jp/hiroshima/hibaku75/timeline/

クリエーションの様子が紹介されています。

Twitter

・一郎さん https://twitter.com/nhk_1945ichiro

・やすこさん https://twitter.com/nhk_1945yasuko

・シュンくん https://twitter.com/nhk_1945shun

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

© 2019by 舞台芸術制作室 無色透明 で作成されました。