岩﨑 きえ Kie Iwasaki 代表

<制作・プロデューサー>

C.T.T.広島事務局代表

日本劇作家協会 中国支部 事務局長

特定非営利活動法人舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)正会員

九州大谷短期大学国文学科演劇コース卒

2004年、山口県柳井市で劇団活動の傍らアートNPOの理事に就任。芸術祭の運営に携わる。同任期終了退会後、2007年より2年に渡り東京国際芸術祭リージョナルシアターシリーズに招聘された京都の劇団魚灯の制作スタッフ・演出助手として東京でのクリエーションに携わる。帰広後本格的に演劇制作の活動を始める。

2010年ひろしまNPOセンター内に「舞台芸術制作室 無色透明」を設立。「感じて・動く」をモットーとした制作活動で、西日本を中心にネットワークをもつ。現在、公益財団法人広島市文化財団東区民文化センターと提携し、県外の優れた小劇場作品の広島公演をプロデュースしている。また、演劇での被爆地ヒロシマの継承や、福祉の分野で演劇を活用するプロデュース等、多岐の分野にわたって制作活動行う。

2010年 ひろしまNPO活動奨励賞受賞

2011年 厚生労働省基金訓練事業ひろしま社会的事業チャレンジ教室NPO等社会的事業者養成科にてアートNPOについての講師担当

 

山田 めい Mei Yamada

<劇作家、演出家、役者>

変劇団主宰

C.T.T.広島事務局員

日本劇作家協会会員

広島大学総合科学部総合科学科社会文化コース卒

中学校の演劇部をきっかけに演劇を始める。広島大学在学中に、自身の劇団「変劇団」が地域演劇をつなぐ企画「C.T.T.Selection」に選出され、京都・松山の劇場で公演を行う。2013年に舞台芸術制作室無色透明にメンバーとして加入。

2017年度演劇専門の正規職員としてNPO法人ひゅーるぽんに1年間勤務し「広場に集まった仲間たちによる演劇公演・ウタとナンタの人助け」にて、ワークショップファシリテーターを務める。<平成29年度厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業>

2018年、クリエイティブ・レジデンス2018チェーホフ「熊」広島製作に出演<平成30年度日本芸術文化振興基金助成事業>

 

藤井 友紀 Yuki Fujii

<劇作家、演出家>

日本劇作家協会 中国支部 支部長

C.T.T.広島事務局員

インコ屋デザイン

2016年まで劇団、黄金山アタックを主宰、作・演出として活動。

劇作家として広島県内の他カンパニーやローカルテレビドラマ、NHK FMシアターの脚本等も手がける。設立当初からサポートメンバーとして携わってきたが、2017年に正式に加入。劇作の他にも音響や衣裳、フライヤーデザインなど、幅広い分野でのスタッフワークを行う。

2016年 演劇引力廣島上演作品「広島ジャンゴ」を蓬莱竜太(モダンスイマーズ)と共著

2018年 クリエイティブ・レジデンス2018チェーホフ「熊」広島製作の翻案・演出を手掛ける<平成30年度日本芸術文化振興基金助成事業>

 

坂田 光平 Kouhei Sakata

<役者、舞台美術>

コムたんたん代表

2007年9月、青年団プロジェクト「隣にいても一人」〜広島編〜(作・演出:平田オリザ)のオーディション合格をきっかけに演劇を始める。2011年から数年にわたり公益財団法人広島市文化財団広島市アステールプラザ(現JMSアステールプラザ)プロデュース公演にて出演のほか、舞台美術、舞台監督の研鑽を積む。

2014年自身の劇団「コムたんたん」を旗揚げ。2017年にメンバーとして加入。

2017年 劇団こふく劇場、劇団HIT!STAGE合同公演「境目」に出演<平成29年度日本芸術文化振興基金助成事業>

2017年度「広場に集まった仲間たちによる演劇公演・ウタとナンタの人助け」(作:柳沼昭徳/烏丸ストロークロック、演出:永山智行/劇団こふく劇場)ではワークショップファシリテーター、俳優、舞台美術を務める。<平成29年度厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業>

2018年 クリエイティブ・レジデンス2018チェーホフ「熊」三重製作(作:A.チェーホフ、演出:鳴海康平/第七劇場)に出演<平成30年度日本芸術文化振興基金助成事業>

東 圭香 Keika Azuma

<役者>

高校を卒業後、総合学園ヒューマンアカデミー入学後、深海哲哉[グンジョーブタイ]のカスガイワークで演技等を学ぶ。

2019年、広島アクターズラボ演技育成科に参加。役者として、徐々に舞台に出演

2020年、舞台芸術制作室無色透明に加入。

【出演歴等】

2019年 「ウタとナンタとピロ電祭り」(おきらく劇場ピロシマ 作 柳沼昭徳・演出 永山智行)出演、「新平和」(五色劇場 作・演出・構成 柳沼昭徳 広島・福岡)出演、「ウタとナンタの人助け」(おきらく劇場ピロシマ 作 柳沼昭徳・演出 永山智行 松山公演)出演

2020年 「if」作・演出・出演

長澤 拓真 Takuma Nagasawa

<役者>

グンジョーブタイ 劇団員

高校を卒業後、総合学園ヒューマンアカデミー入学後、深海哲哉氏(グンジョーブタイ主宰)のカスガイワークで演技等を学ぶ。

2019年、広島アクターズラボ演技育成科に参加。グンジョーブタイ入団。役者として、県内外の舞台、ローカルテレビドラマ、NHK FMシアター等に出演。

2020年、舞台芸術制作室無色透明に加入。

【出演歴等】

2019年 「新平和」(五色劇場 作・演出・構成 柳沼昭徳 広島・福岡)出演、「鎖骨に天使が眠っている」(日本劇作家大会 長野県上田市 作・演出 ピンク地底人3号)出演、「鉄輪」(クリエイティブレジデンス「鉄輪」そして、消えない火の物語 三重製作)出演、「ロクな死にかた」(グンジョーブタイ 作 広田淳一・演出 深海哲哉)出演、「ウタとナンタの人助け」(おきらく劇場ピロシマ 作 柳沼昭徳・演出 永山智行 松山公演)出演、恋とか愛とか(仮)公開収録SP「戦う男」 (広島ホームテレビ)出演、サシ飲み(テレビ新広島)出演、「砂の声」(NHK FMシアター・全国放送)出演

2020年 「if」作・演出・出演

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Copyright © 2019 舞台芸術制作室 無色透明 All rights reserved. ※文章・写真等の無断転載禁止